家を建てる際にもっとも重要な「安心」と「安全」

ホームへ戻る >  土地を購入するだけでも大変  > 家を建てる際にもっとも重要な「安心」と「安全」

石川県石川県は本州の中央部分に位置し、日本海に面しています。面積は、4,185平方kmです。


北部は能登半島となって、日本海に突出しているため、 海岸線は長く約580kmにおよんでおり、南北に細長く延びているため、能登と加賀では気候が大きく異なっているのが特徴です。


昨今は暖冬傾向にあると言われていますが、石川県の注文住宅は、金沢など日本海に面している為、冬の過酷な気候対策として、やはり断熱が重要なキーワードになっています。

断熱性に優れた住まいは、省エネ性にも優れています。北陸の気候に適した「外断熱」と「二重通気」を採用することによって、夏はさわやかに、冬はあたたかくを実現することができます。


日本の家づくりを変えたソーラーサーキット工法が用いられるようになり、快適生活が実現できるようになりました。


石川県では、注文住宅を建てる場合に適した木が地元などにたくさんあります。施主が、その木をたくさん使用したいという要望や、オール電化にしたい、耐震性を重視したい、などなど、様々な要望にこたえることができ、また、それらを得意とする建築会社を探す事が重要になります。


なお、家を建てる際にもっとも重要な「安心」と「安全」が基本となることは言うまでもありません。