日本の気候風土に適した工法

ホームへ戻る >  土地を購入するだけでも大変  > 日本の気候風土に適した工法

三重県は太平洋ベルト地帯に位置する工業や産業の盛んな地域です。自動車や造船、電機など様々な工場があり、工業製品出荷も全国で10位に入っています。温暖な気候で住み心地がよい三重県では県民人口も年々増え、生涯の地とする人も増えているようです。三重県の工務店では昔ながらの木の家づくりにこだわり、自然素材を使い伝統工法での建築が多いようです。日本で古くからある建築は、何百年も前の大きな城や寺が健在するように非常に精密で高度な技術といえます。

日本の気候風土に適した工法を取り入れ、基礎工事や耐震・免震、外断熱、換気システムなど住まい作りのプロフェッショナルの工務店が色々とプラスして快適な家を建築していきます。工務店は出来上がった家を売るブローカーとは違いますので、土地の条件や環境、間取りなど住む側の意見を取り入れた設計を相談することができます。マイホームは大きなお買い物ですので、失敗はしたくありません。住む側と建てる側の信頼関係がしっかりとでき、顔の見える家作りを推奨している工務店ならではの住み心地のよい家を建てることができると思います。家を建てた後も安心した暮らしができるように無理のない資金計画のアドバイスも行っています。