年間を通して温暖多湿の地域

ホームへ戻る > 年間を通して温暖多湿の地域

ベットタウンとして一戸建て需要が多い市(和歌山市)
通勤する場合、交通の便が良い地域の一戸建て
一戸建てを建てる場合の人気地域
住環境の向上を図るために、県産材を活用
一戸建てでの県産材利用を推進

近年、新築住宅の欠陥工事が問題となっています。誰もが夢見るマイホームですが、住んでみたら、後で欠陥が見つかることも多いのです。


工務店やハウスメーカーの場合は、なかなか第三者のチェックが入り難いのが現状です。しかし、工務店の建売住宅の場合や、完成後に検査する簡易的なものもあります。その場合の料金は5~7万円と低料金ですが、着工の時点から依頼する場合は、おおよそ120~150万円と言われています。

しかし、現場に出向いて監督チェックする回数は30回にものぼります。工務店、ハウスメーカーにかかわらず、日本の住宅の平均寿命は約26年と言われています。その寿命が第三者の監督が入ることによって、10年伸びるとしたら、さほど高い金額ではないでしょう。


鹿児島県は年間を通して温暖多湿で、冬は適度な日射があり、夏には強い日射しが特徴です。


又、豊かな自然環境を有する市街地周辺と、緑被率が極端に小さい市街地との差が大きいのも特徴です。霧島、屋久島、奄美など豊かな自然環境が鹿児島の観光名称になっています。鹿児島の知覧は古くから薩摩の小京都とも呼ばれ独特な「二ツ家」と呼ばれる民家が有名です。その中でも、特に「知覧型二ツ家」は二つの屋根の間に小棟をおいてつなぎとし、「オモテ」と「ナカエ」の二つを合体させたものです。