通勤する場合、交通の便が良い地域の一戸建て

ホームへ戻る >  年間を通して温暖多湿の地域  > 通勤する場合、交通の便が良い地域の一戸建て

岡山県は中国地方の南東部、山陽地方の東部にある県です。東は兵庫県に、西は広島県に、南は瀬戸内海を隔て香川県に、北は鳥取県に接しています。古くから瀬戸内航路、陸上航路が発達し、都と九州、大陸を結ぶ重要な位置を占めていました。


文化や産業が早くから発達し、県内各地に吉備文化の跡を見ることが出来ます。明治以降、近代的な港湾に恵まれなかったため、工業立地は兵庫県、山口県に比べると立ち後れましたが、第二次世界大戦後は阪神工業地帯に続く瀬戸内経済圏の中核としての地位を得ています。

岡山県全体で見ると、南部では産業、経済の発展、交通の整備がされているのに対し、中部、北部では過疎地域が多く存在します。人口は地域によって増加しているところもあるが、多くの地域では停滞または減少しています。


気候は、南部では温暖で雨は少ないです。年間平均気温は16.4℃で、年間降水量は1480ミリメートルです。しかし中国山地では冬季の積雪も多く、スキーも出来る程です。そして海岸部では年間を通じて晴天の日が多いです。


この県で一戸建てを建てる場合、岡山市内が一番の人気地域となります。この市は人口70万人で、中国地方で広島市に次ぐ第二の都市です。


これに続くのが人口48万人の倉敷市です。この市も県内で一戸建てを建てる場合の人気地域です。一戸建てを建てる場合は、交通の便が良いところが人気のようです。