小児矯正歯科を探す

ホームへ戻る > 小児矯正歯科を探す

開放的な空間の歯医者
歯医者でのカウンセリング
BBクリームのおすすめ
通院を考えた歯医者選び
赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入

小児矯正歯科を探す不正咬合、一般的には受け口と言われます。これは、自然には治りません。悪い咬みあわせを放置するとあごが曲がったり、さらにひどい不正咬合に移行したりすることがあります。矯正歯科を受診する、又は矯正治療を行う最適な時期は、前歯の生え代わった頃、小学校1~3年生頃が最適と言われています。成長期に、タイミングよくあごの大きさの調整を行うことによって、咬みあわせの基礎づくりを行うのです。早い時期から矯正歯科治療を行うことによって、奥歯の永久歯が生えそろった時に、抜歯しなくても歯とあごのバランスを整えることができるのです。子供の矯正はヨーロッパや欧米では古くから行われてきた治療法です。近年、日本でもやっと不正咬合の早期治療の有効性が認められるようになりました。その結果、保健所や学校の歯科検診でも歯並びの診査が加わりました。不正咬合と指摘された場合は、子供自身があまり気にならない場合でも、矯正歯科または小児矯正歯科を受診してみた方が良いでしょう。

自己判断で受診せず、手遅れになっては子供が可哀そうです。練馬区は東京23区の中では最も新しく誕生した区です。練馬区は昔は板橋区の一部でしたが、分離して発足しました。練馬区は緑の多い閑静な高級住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率が東京23区内で最も低いのが特徴です。