ウォーターサーバーで気をつけたいこと

ホームへ戻る > ウォーターサーバーで気をつけたいこと

水分補給のタイミング
歯科衛生士について
カラダに合う水とは
一家に必要な水の量
持ち上げないボトルウォーター

ウォーターサーバーは、飲料の通販でもかなり特徴的なサービスです。定期的、もしくは必要に応じて水を注文することで、業者が自宅まで水を届けてくれます。このサービスは水の料金とウォーターサーバーの料金がわかれていることがあり、そのことが原因で料金設定がわかりにくくなっていることもあるので注意してください。

水の値段ですが、これはまずボトル1つで何リットルの水が入っているのかということになります。料金を容量で割れば1リットルあたりの料金が算出できます。基本的には100円前後なのですが、安いところになると90円以下というところもあれば120円近くするというところもあります。あまりにも高すぎると普通に飲料の通販で買った方が良いと思えるかもしれませんが、それでも自宅まで水を定期的に宅配してもらえるというメリットを考えれば良いサービスです。ここでポイントになるのが、水の料金だけの場合とウォーターサーバーのレンタル料、メンテナンス料がかかる場合があるということです。それらをすべてあわせて計算すると、最安値のはずが普通の料金だったということもあれば、高い方だったはずが実はお得だったということもあるのです。少しでも安く済ませたいと考えているのであれば、いろいろな方向からチェックしていきましょう。


1リットルあたりの料金で計算すれば数十円程度の差です。しかし一ヶ月にどれだけの水を使用するのか、さらにはどれだけの期間利用し続けるのかで、その差はどんどん大きくなっていきます。飲料の通販を利用するなら、コスト面についてはよく考えておきたいところです。