歯科衛生士について

ホームへ戻る >  ウォーターサーバーで気をつけたいこと  > 歯科衛生士について

歯医者に訪れた際、患者ともっとも多く接することになるのが歯科衛生士です。歯科医によりも実際に接する機会は多くなりますし、もっとも口内の状態を把握してくれる存在でもあります。


ではこの歯科衛生士とはどのような職業なのでしょうか。歯医者では虫歯の治療のほか、虫歯の予防も行っています。この予防、具体的に言えば歯磨きの指導や健康管理、生活指導などの仕事はそのほとんどがこの職業によって行われています。また、歯科医が治療を行う際に補助も重要な仕事です。


わたしたち患者にとって気になるのは歯科助手との違い。助手も治療の際に補助を行いますから、どう違うのかよくわからない面もあるのです。最大の違いは患者の口内に直接触れることができるか。たとえば根管治療の後に詰め物を詰める作業、口内のクリーニング作業、虫歯のチェックなど、口内に直接触れる作業は助手にはできません。


この職業になるためには資格の取得が必要です。大学や専門学校など指定の養成施設を終了し、国家試験に合格してはじめて資格を取得することができます。助手はこうした資格は必要なく、誰でもなることができますから、この点も大きな違いとなるでしょう。


定期健診の際には歯科衛生士が直接チェックして治療が必要かどうかを判断することになります。また歯磨きの指導なども行います。適切な対応と指導を行ってくれるかどうかがわたしたちの日々の虫歯対策に大きな影響を及ぼすわけです。その意味では有能な歯科衛生士がいるかどうかが歯医者を選ぶ重要な条件ともいえるのです。